現地校相談室

現地の友人を作るには

2013年5月28日

イギリスの現地校に行き出して数カ月ですが、なかなか現地の友人ができず、英語も話しません。何か良い方法はあるでしょうか。

「外国語を習得するには、友人(恋人)を作るのが近道」と言われますが、確かに、現地校にコミュニケーションをする友人がいるかどうかは、言語を習得するための大きな要素となります。ただしもちろん、英語の習得するために友人を作るのではなく、仲よくする友人ができた結果として言語が身に着く、という順番になることは踏まえておきましょう。

さて、いきなり友人を作ると言っても、構える必要はありません。最初はクラスの中で気の合いそうな、親切にしてくれる子供を一人選び、家に遊びに来てもらうと良いでしょう。一番気軽にできるのは、学校帰りに相手の子供も一緒にピックアップして、おやつを食べたり、遊んだりして、6時ごろに迎えに来てもらうことです。軽い夕食(ティーと呼びます)を出すこともあります。夕食と言っても、冷凍食品のチキンナゲットやフィッシュ・フィンガーとチップスという組み合わせが多いので、あまり心配しなくて大丈夫です。これらはすべて事前に親に連絡をして了承を得ます。大抵は母親も一息つける時間ができるので、大歓迎されます。

呼ばれると呼び返すのが慣例ですから、次には自分の子供が現地の子供の家に遊びにいくことになります。このようにして相手を変えると数人の友人ができ、学校の休み時間にも一緒にいるようになります。さらに親密度が増すと、週末に一緒にプールに行ったり、映画に行ったり、泊まったりと、社交が進んで行きます。

また、誕生日パーティーに大人数を呼んで、一気に盛り上がる方法もあります。家でやるのが大変ならば、レジャー施設、プール、ボーリング場などのバースデー・パーティーのセットを利用すると、招待状を出して食事の注文を取るだけで、あまり手をかけずにできます。もし誕生日パーティーに呼ばれたら、カードとプレゼント(小学校高学年は£10ほどの現金の時もあります)を持っていきましょう。

最新のアクロバットをダウンロード
「パンフレット」「申込書」をご覧いただくには、アドビシステムズ社で配布されている Adobe Readerが必要です。最新の Adobe Readerはこちらから無料でダウンロードできます。

ページの先頭へ戻る