現地校相談室

現地校での授業の様子を知るには

2010年8月1日

現地校では授業参観がないので、クラスの中で子供がどんな様子なのかわからず不安です。

担任の先生との個人面談を通じて子供の様子は伝えられますが、本当の姿が見えず、確かに親としては心配です。そんな時にぜひ利用していただきたいのが、校外見学の付添ボランティアです。

先生だけでは引率の人数が足りないので、このような学校行事の際には保護者から付添が募集されます。行事に参加することで、自分の子供の話に登場する生徒がどんな子なのかよくわかり、話の理解度が深まります。

子供がクラス全体の中に溶け込んでいるのか、孤立しているのかという状況もつかめますし、先生の指示などの英語、友達の話しかけをどの程度理解しているのかもわかります。

このような情報を得れば、学校側にお願いすること、家庭学習で何をサポートすべきかも具体的になるでしょう。

さらに親切そうな子供を家に招き、一緒に遊ぶことで親しい友達ができ、学校生活になじみやすくなります。子供だけでなく、親同士も友人になれば、学校のことからイギリス生活のことまで、何でも聞ける頼もしい存在になるでしょう。

親が積極的に現地校にかかわる姿勢を見せることが、子供には何よりの応援となります。

笹川 真理子

入塾をご希望の際は、お手数ですがお電話にて空き状況をご確認願います。

最新のアクロバットをダウンロード
「パンフレット」「申込書」をご覧いただくには、アドビシステムズ社で配布されている Adobe Readerが必要です。最新の Adobe Readerはこちらから無料でダウンロードできます。

ページの先頭へ戻る