現地校相談室

シックス・フォーム・カレッジ

2012年2月28日

現在中2でY9に当たる子供が渡英してきます。ただ、入れてくれる学校がなかなか見つかりません。ある学校では「シックス・フォーム・カレッジでGCSEを取得してから応募して」と言われました。そこは通常の学校とは違うのでしょうか。

シックス・フォーム・カレッジとは、日本で言う予備校にあたる学校です。多くはY12、Y13のシックス・フォーム相当の生徒がAレベルの科目を1年あるいは2年コースで学び取得する所ですが、GCSEを1年、2年で取るコースを併設している学校もあります。最近は、すでにY9からGCSEをユニットで部分的に取得したり、最終評価に含まれるコースワークを小分けに分割して実施するので、途中から通常の学校に編入するのが非常にむずかしくなっています。そのため、質問にあるような返答がかえってきたと思われます。

シックス・フォーム・カレッジは二極化しており、一方では高いレベルを目指す生徒が集まる学校になっています。そのような学校では、成績審査、前の学校からの推薦状、インタビューを課して、それに受からないと入学できないところが多くなっています。他方、通常の学校でうまくグレードが取れなかったので、再度じっくりと挑戦する生徒を中心とする学校があります。そのような学校の中には、海外からの生徒も多く受け入れ、より語学学校の色彩が濃く、英語の補助クラスを設けている所もあります。勉学にのみ力点を置いているところもあれば、クラブ活動なども設けているところもあり、在籍する生徒の年齢も千差万別です。自分の目指す学校であるかどうかをよく確認して選びましょう。なお、日本の大学を帰国枠で受ける場合には、シックス・フォーム・カレッジに通っていても、資格上問題になることはありません。

入塾をご希望の際は、お手数ですがお電話にて空き状況をご確認願います。

最新のアクロバットをダウンロード
「パンフレット」「申込書」をご覧いただくには、アドビシステムズ社で配布されている Adobe Readerが必要です。最新の Adobe Readerはこちらから無料でダウンロードできます。

ページの先頭へ戻る