現地校相談室

私立校受験に備えて過去問入手

2013年2月25日

子供がY5で私立校入試の準備を進めています。過去問はどのように入手したらよいでしょうか。

私立校入試が一段落したのも束の間、次の受験生にとっては最新入試情報を得る時期となりました。私立校によっては独自に入試問題を作成しているところもあり、そのような学校では登録をすると過去問を送ってくれたり、入手できるシステムになっています。一方、全く公開していていない学校もありますので、その場合は受験生が覚えていることを直接聞いて情報を得ることになります。

しかし、私立校が一番多く利用しているのが、ISEB(Independent Schools Examination Board)の作成する11+と13+のコモン・エントランスと呼ばれる試験です。これはパブリック・スクールの受験用にコモン・エントランス試験委員会が作ったもので、1904年の初回には25校が採用しました。当初は英語、フランス語、ラテン語、ギリシャ語、数学、英国史と地理が対象科目でした。その後、別々に行われていた女子校の試験委員会も統合され、科目もサイエンスやバーバル・リーゾニング、ノンバーバル・リーゾニングも加えられました。現在では私立学校の校長議会などのメンバーの中から選ばれた22人の試験官が、11+と13+の試験を作成し、250校以上が採用しています。ただし、採点はその学校に任されていて、第1志望の学校に落ちた場合、その生徒の答案は第2志望の学校に回されて、入学を考慮されます。

ISEBのテキストや過去問はGalore Park社から出版されていて、以下のサイトから注文できます。早めに教材を準備して、受験に臨みましょう。

  Website  http://www.galorepark.co.uk/
  Email orders@galorepark.co.uk

入塾をご希望の際は、お手数ですがお電話にて空き状況をご確認願います。

最新のアクロバットをダウンロード
「パンフレット」「申込書」をご覧いただくには、アドビシステムズ社で配布されている Adobe Readerが必要です。最新の Adobe Readerはこちらから無料でダウンロードできます。

ページの先頭へ戻る