現地校相談室

英作文上達のコツ

2009年7月1日

入試に英作文があります。上達のコツを教えてください。

課題は物語型と論文型に大別されますが、まずは課題に対して「何を書くか」という発想が大切です。

これは一朝一夕には養えないので、普段からニュースや人の話を聞く時も、自分ならこう思う、こう感じるという主体的に考える習慣を身につけましょう。

次にそのテーマで「どう展開するか」、構成を考えます。現地校ではキーワードを中心としたスパイダー・チャートを使いますが、三段論法、起承転結などの構成でメモをとってもいいでしょう。これらを最初の5分ほどで行い、いよいよパラグラフをつけながら書き上げます。全体量として試験時間が20分なら200語、50分なら500語が目安です。

ただ最初は辞書も使って内容重視で丁寧に仕上げ、だんだん時間内に書き切るようにスピードを上げます。描写力を上げるには、五感表現、譬え、会話を入れ、説得力をつけるには実例、体験を挿入します。さらに洗練された文にするには、いわゆる単文ではなく複文を用いることです。

and,becauseを多用せず、as,thoughや関係代名詞を用いること、またtherefore,yet,even though,insteadなど接続詞に工夫をしてみましょう。veryではなく、so-thatの構文、感嘆文も使ってみましょう。さらに、名詞、形容詞、副詞の類語を辞書(thesaurus)で探したり、一つの単語の品詞を変換して派生語を駆使できる力をつけるのも有効です。

そして基本文法を自分でチェックできる厳しい目を持ち、過去問を使い十分に書き慣れておきましょう。

入塾をご希望の際は、お手数ですがお電話にて空き状況をご確認願います。

最新のアクロバットをダウンロード
「パンフレット」「申込書」をご覧いただくには、アドビシステムズ社で配布されている Adobe Readerが必要です。最新の Adobe Readerはこちらから無料でダウンロードできます。

ページの先頭へ戻る