帰国枠入試相談室

帰国枠入試と出願書類

2011年7月1日

夏休み中に本帰国する方の中には、帰国枠入試に備え帰国前に何か準備をしておくべきことがあるのではと不安に思っている方も少なくないと思われます。そこで今回は、帰国枠入試の条件の一部(海外での滞在年数と帰国後の滞在制限)と帰国枠入試を受けるために必要な書類を、主な帰国子女受け入れ校について表にまとめました。以下には、帰国枠入試に向けて、帰国前に用意しておくべきものや注意点をお伝えします。

〈帰国前に用意すべきものと注意点〉
帰国枠入試を行うほとんどの学校では、出願手続きの際に、在籍した学校の成績の提出を求めています。提出する成績は、高校受験の場合には、中一~中三相当の三年分、中学受験の場合には学校によりまちまちで、小学校全過程分というところもあります。なお、これらの成績表は厳封することとしている学校が少なくありません。現地校またはインターナショナルスクールに在籍した場合には、学校側にお願いしないと厳封(校章が入った封筒に入れ、封の上に学校のスタンプを押印または署名)してはもらえませんので注意が必要です。また現地校またはインターナショナルスクールの成績証明書には、学校長の公印または署名が必要です。さらには、成績証明書には、成績の他に授業出席日数が書かれている必要があります。授業出席日数が書かれていない場合には、授業出席日数がわかる用紙を作成してもらうようにしましょう。
その他、現地校またはインターナショナルスクールに通っていた場合には、出願手続きの際に通学校の学校案内の提出を求めるところがありますので、帰国前に数部学校から入手しておくとよいでしょう。また、校長先生や教科の先生による推薦書を任意で提出できる学校があります。帰国してから書いていただくようお願いするのは容易なことではありませんので、よいコメントをしてくれそうな先生がいれば帰国前にお願いしましょう。

〈志望校の検討は早めに〉
帰国前に大まかでもよいので志望校の検討はしておきたいところです。帰国枠は使えるのかどうか、入試科目は何か、出願に必要な書類はどんなものなのかなど、事前に知っていれば帰国後も慌てることがないからです。なお、この検討は小四や中一でも早過ぎることはありません。

〈重要書類は手荷物に〉
出願の際に必要になる学校の成績や英検などの資格証明書類は、紛失するわけにはいきません。引っ越しの際には、発送品にするのではなく、手荷物として肌身離さず持ち帰るとよいでしょう。

 


(表をクリックしていただくと、大きな表が表示されます。)

2011年7.8月号

最新のアクロバットをダウンロード
「パンフレット」「申込書」をご覧いただくには、アドビシステムズ社で配布されている Adobe Readerが必要です。最新の Adobe Readerはこちらから無料でダウンロードできます。

ページの先頭へ戻る